KUDARAN|くだらない話に真実がある

くだらない話に真実がある

KUDARAN

高齢者がジムでトレーニングする効果を60歳の母が教えてくれた

f:id:nurahikaru:20190208093935j:plain

60歳になった僕の母が、高齢者向けのジムに通っています。(現在10か月目)

まったく運動と縁のなかった母ですが、目に見えてトレーニングの効果が現れてきたので、この記事で紹介したいと思います。何歳になっても体は鍛えられるんですね。

 

 

60歳がジムに行って現れた効果

「肩が重い」「腰が痛い」が口癖だった60歳の母親が、最近はやたらと調子が良さそうなので、「なんでかなー?」と思っていたら、こっそりとジムに通っているらしい。見慣れないプロテインが家にあると思ったらそういうことかっ! ……なぜこっそりなのかは謎。

 

肩こり腰痛がなくなった

以前までの母親は、「肩が重い」「腰が痛い」と毎日のように言っていました。

寝起きは特に酷く、目が覚めても腰が痛くて起き上がれないこともありました。

最近は、まったく肩こり腰痛を訴えなくなくなったので訊いてみると。「痛くないことはないのだけれど、以前よりもかなりマシになった」と嬉しそうに話してくれました。

以前、なかやまきんに君さんも「筋トレを始めた17歳の頃から肩こり・腰痛は一切ない」という話をしていましたし、僕自身も簡単な自宅トレーニングを始めてから肩こりを感じなくなりました。

肩こり腰痛に悩む人ほど筋トレなのかもしれません。

 

寝起きが良くなった

以前までの母は、アラームが鳴っても一向に起きず、僕や父親が起こしに行くまで寝ていることがありました。(アラームの音がうるさくて家族中が起きてしまう…)

最近は、このようなことが無くなり、数回のアラームでスッと起きるようになりました。本人も、「朝のダルさがなくなって、寝覚めが良い」と話しています。

 

運動に積極的になった

以前までの母は、運動なんて考えられない人でした。過去にも運動の経験はなく、本人も苦手意識はあったそうです。

ジムに行くようになってから、毎日のようにウォーキングに出かけるようになりました。多い日で2時間くらい歩いて帰ってくることもあります。

過去にもウォーキングをしていた時期はありましたが、15分くらいで終わるような短いものだったり、1ヶ月で行かなくなってしまったり、継続性がまったくありませんでした。

今は、時間を見つけては歩きに行っているのようなので、運動に対する積極性が別人のようになっています。

どうやら、具体的なウォーキングの時間や効果をジムのトレーナーさんに説明してもらったそうです。テレビや本で読んでもピンとこないけど、直接言われるとやる気になると言っていました。

 

明るく前向きになった

僕の印象ではありますが、ジムに通いだしてからの母親は元気で明るくなりました。

色々なことに興味を持つようになりましたし、会話をすることも増えました。

僕が好きなサッカーも一緒に観るようになって、ワーワー騒いでいます(笑)以前まででは考えられない行動です。

ほとんど使いこなせていなかったiPhoneも、最近は検索を使ったりニュースアプリで情報収集しているようで、僕よりもエンタメニュースに詳しい時があります。「私は機械に弱いから」と言い訳ばかりで、スマホを避けるようなところもあったのですが、使ってみよう、やってみようという意思が見えるようになりました。

ジムに行き始めたことだけが原因だと断言はできませんが、ここ最近は様々なことに対して前向きに行動するようになったなーと感じています。

 

病院の検査結果が良好に

これは、同じジムに通っている方々の声らしいのですが、病院での検査結果が良くなったとトレーナーさんに報告している人がたくさんいるそうです。

 

体力UP!! 体脂肪が落ちた

3ヶ月に一度、体力テストがあるらしいのですが、直近のテストでは体力年齢が30代後半だったそうです。正直、僕が驚きました。

前回が40代後半だったようで、3ヶ月で10歳若返りましたね。

体脂肪も確実に落ちているようで、停滞期の話や体型の変化についても話してくれました。(体型の変化は側から見ていると全然わからないですが 笑)

 

運動のイメージがなく、肩こり腰痛に悩まされ、事あるごとに「もう歳だから…」「年寄りだから…」と言い訳していた母ですが、ジムに通うようになってから行動も内面も前向きに変化しました。

 

高齢者向けジムってどんなところ?

高齢者向けのジムとはどんなところなのか?

一般的なジムは、各々が思うがままにトレーニングをしているので、トレーニング慣れしていない人は行きにくい雰囲気ですが、母の通っている高齢者向けジムは違います。

トレーニング器具が置かれている順番でメニューをこなしていくだけです。1つのトレーニングをして、終わったら横の器具でトレーニング、終わったら更に隣の器具へ…これを繰り返していきます。

ダラダラやっていると後ろが詰まってしまうので、サボることはできません。

トレーナーさんが複数人いて、初めての方には付きっ切りで指導してくれるそうなので、初心者さんでも安心です。

 

どんな人が来ているの?

f:id:nurahikaru:20190208101813j:plain

「高齢者向けとは言え、ジムなんだから運動に対して積極的な意識高い系の人ばかりなんじゃないの?  私は本当に運動が苦手だから行きにくい!!」

と思う人もいるかもしれません。

でも、違います。高齢者向けジムにはどんな人たちが来ているのかというと…

 

トレーニング初心者

僕の母も含めてですが、「トレーニングなんて初めてやる」という人が圧倒的に多いそうです。母も、トレーニング器具を見ても何をするモノなのかサッパリわからず、0から動作を教えてもらいました。

周りも似たような人ばかりで、毎日のように初心者さんを見かけると言います。

決して、トレーニング慣れした人ばかりではありません。

 

歩くのも困難なおばあさん

本当に素晴らしいと思ったのですが、歩くのも大変そうなおばあさんがトレーニングをしに来ているそうです。

おそらく90歳近い、とのことですが、ジムに通って自分を変えようという姿勢は、本当に尊敬できます。

母も、「あの人が頑張ってるとモチベーションが上がる」と話してくれました。

高齢者向けジムは、ムキムキ集団のいるような場所ではなく、様々な方が来る敷居の低い場所です。

 

トレーニングに必要なものは?

いざトレーニングしようと思っても何が必要なのかわからない人もいるかと思います。

母親がジムに行くときに持って行っている物は、以下の2つだけです。

 

トレーニングウェア

トレーニングウェアと言っても本格的なものではなく、通気性の良さそうなTシャツだったりします。下はスウェットです。あと、室内用のシューズですね。

動きやすい格好なら何でもありです。

 

プロテイン

トレーニング後にタンパク質を摂取するため、シェイカーにプロテインを入れて持って行っています。プロテインは何でも良いそうです。

 

ジムに行くメリット

f:id:nurahikaru:20190208102019j:plain

「たいして動けるわけじゃない高齢者が、ジムに行く必要があるのか?」と思う人もいると思いますので、母親が語っているジムに行くメリットを紹介します。

 

確実に筋肉に効かせられる

テレビなどの見よう見まねで行うトレーニングは、実際にやってみても本当に効いているのかイマイチ確信が持てません。

ジムに行けば、トレーナーさんが間違いを指摘してくれるので、正しい場所に効かせることができます。

 

怪我のリスクが低い

独自でトレーニングをすると怪我のリスクもあります。母もテレビの真似をしてトレーニングしたところ、肩を痛めてしまったことがありました。この経験から「自分で身体を動かすと怪我するのでは?」という恐怖心があったそうです。

ジムに行って正しいフォームを教えてもらえることは、怪我のリスク軽減にも繋がって、安心してトレーニングを行うことができます。

 

週に1.2回でいいから続く

トレーニングは多くても週に2回、忙しい時は行かない週もあるようです。それでも、充分な効果を感じることができています。

人によっては「毎日やらなきゃいけない」と勘違いしている人がいるかもしれません。低負荷の運動であれば毎日でもいいのですが、ジムでしっかり筋トレをするなら週に1.2回でも充分です。

「だからこそ続いている」と母は言っています。「トレーニングしなきゃ!!」という強迫観念があると、人はそこから逃げてしまうものです。母は三日坊主気質なので特にそうでした。

今は、「できれば週に1回は行きたい」と軽く考えているそうで、スケジュール的な窮屈感もないそうです。

 

ジムは若い人だけのものではない

若い時は、当たり前のように身体が動きます。歳をとると筋力が落ち思い通りに身体を動かせなくなってしまいます。

「歳のせいだ」と言い訳するのもいいでしょう。しかし、身体を動かし鍛えることで、まだまだ動くことができます。60歳になった母がこれを教えてくれました。

 

ジムは若い人のものだと思っている高齢者の方も多いと思いますが、高齢者向けのジムもあり、自分に合ったトレーニングをできる環境があります。

プロのトレーナーさんに指導してもらえば、初心者でも怪我の心配はなく安心です。

いつまでも、自分自身の力で元気に過ごすために、60歳、70歳…それ以上からでも始めるジムトレーニングをしてみても良いのではないでしょうか。