無課金ニートのくだらん日常

ゲーム、筋トレ、美容、あらゆる物事にお金を掛けず生活するクソニート(31歳)の日常

KUDARAN

生粋の面倒くさがりが「無駄だ」と思ってやめた9つの日常

f:id:nurahikaru:20190319170601p:plain

僕は、「超」が付くほどの面倒くさがりです。

「面倒だな」と思ったことはすぐ止めます。

いくら面倒でもやる必要のあることは仕方なくやりますが、少しでも無駄だと思えば何とかして止める(省略する)方法を考えます。

この記事では、僕が「面倒だし、無駄だから」と思ってやめたことを紹介します。

あ、仕事は入れていません。(無職)

 

 

余裕を生み出すために止めたこと

f:id:nurahikaru:20190319175234j:plain

 

朝食

「朝ごはんを食べなければいけない」という固定概念は、ただでさえ忙しい朝から余裕を奪います。

しかも、「食べなきゃいけない」と思い込んでいるから、食べられなかったときに罪悪感みたいなものを抱いてしまうんですよね。

凄く厄介で面倒なんですよ、朝食って。

僕は、「朝ごはんは食べない」とハッキリ決めました。

起きたらコップ2杯分の水を飲むだけです。

「食べなきゃいけない」という精神的なプレッシャーから解放されました。

他のことをゆっくり行うことができるので、落ち着いて1日を始めることができます。

 

「朝ごはんを食べないとお腹すかない?」「頭回らなくない?」

と心配になる方もいると思いますが、1週間も続けていれば朝食抜きには慣れます。

昼食は夕食はガッツリ食べます。

意図をもって1日2食で生活している人はたくさんいますし、1日1食の人もいます。

朝ごはんを抜いたくらいで大した問題にはならないと感じています。

僕は朝食を抜いたところで何の問題もなく、頭の回転や集中力は朝食を抜き始めてからの方が高まっている気がします。

朝が苦手な人は、「(朝食は)食べなくても問題ない」「余裕があるときだけ楽しめばいい」くらいに考えておいたら良いかもしれないですね。

 

夜更かし

夜更かしして「得したな~」と思ったことはありません。

「夜更かししてしまった」という罪悪感や、寝坊、集中力の低下など、失ってきたモノの方が多いですよね。

睡眠不足になると、考え方がネガティブになったり、頭の中が整理できなくなったり、無駄にイライラしてしまったりと、余裕もなくなっていきます。

完全に無駄ですよね。

夜更かしするくらいなら早起きします。

 

筋トレ

YouTubeのフィットネスチャンネルに影響されて筋トレを始めましたが、やめました。

「筋トレやらなきゃ」と思う反面、モチベーションが全く上がらず、筋トレをしていない罪悪感だけが積もってしまったからです。

僕はゴリゴリのマッチョに憧れているわけではないので、筋トレに対する明確な目標を持てませんでした。

目標や憧れを抱けないことに時間を使うことは無意味です。

筋肉を付けたり体を動かすことが良い事には間違いないので、現在は週3回スクワットとバーピーだけを行っています。週3回なら何とか続けられますし、体型は問題なく維持できています。体力は以前よりも上がった気がしますね。

僕にはこれくらいのトレーニングが丁度良かったみたいです。

 

友達付き合い

友達がいても得るものがないので、友達付き合いはやめました。

面倒や無駄な出費の方が多いですからね。

元々、人と過ごすことが好きではないので、友達はいらないのだと思います。

こういう話をすると「寂しい奴」というレッテルを貼られるのですが、「寂しい」と感じたことはありません。

1人の時間に集中できて、今すごくハッピーです。

 

 

ゲーム(アプリ)

むちゃくちゃつまらないのに、ついつい惰性で続けてしまうのがアプリゲームです。

アプリゲームって、ログイン報酬や期間限定のイベントを設けて、「やらなきゃ損」という思い込みをさせてくるんですよね。だから、何となく続ける人が続出します。

課金していたら余計に離れ難くなりますね。これまでの課金が無駄になると思うと、なかなか手放せない人も多いのではないでしょうか。

つまらないけど何となく続けてるって人生において最も無駄だと思います。

アプリゲームを止めときが一番スッキリしました。

 

情報収集

 

これまで、なりふり構わずインプットをしてきました。

雑学、ライフハック、ニュースなど、自分が興味のないネタも全てです。

でも、関心のないネタってビックリするほど頭に残りません。

しかも、インプットはかなり脳のエネルギーを使います。

頭に残らないけれど、脳のエネルギーは使うって最悪じゃないですか。

 

なので僕は情報収集をやめ、その都度、必要な情報だけをインプットすることにしました。

脳のエネルギーも温存できるし、ニュースアプリなどをチェックする時間も短くなりました。

 

 

読書

 

僕は昔から本を読みません。

漫画、雑誌、小説を含めて、あまり読んでいませんでした。

「読書しろ!」と言う人が多いので、「読書しなきゃ」と思って本を買うのですが、結局は読みません。

お金を払って買っているので、「読まなきゃ…」と精神的なプレッシャーを感じるだけです。

読書は精神的にも経済的にも損をするのでやめました。

「これは読みたい!」と思うモノは電子書籍で買って読んでいます。

 

スキンケア

高い基礎化粧品にはほとんど意味がないことは、10年以上肌荒れに悩んできた僕は知っています。

現在は、水だけで全身を洗いスキンケアもワセリンだけです。(シャンプーは使用) 

 

時間も手間もお金もかからないのに、肌は綺麗になっています。

効果の感じられない基礎化粧品にお金を出し、手間をかけるのは思っている以上に辛い所業です。

努力しているのに報われないわけですから。

当時の自分を思い出すと可哀想に思えてきます。

 

YouTube

YouTubeから得られるものは多くありません。

ほとんどが、「何となく」を理由に見ています。

僕は以前、YouTubeの登録チャンネルを断捨離して見る動画を厳選しました。

登録しているチャンネルの動画だけを見るようにして、「おすすめ」や「関連動画」は見ないようにしています。

「なんとなく」で再生ボタンを押してしまうと、YouTubeの沼にハマって大切な時間を無駄にしてしまいますからね。YouTubeを見ていたら5時間くらい経過しているとかザラです(ニートなんで)

自分にとって価値のある動画は思っている以上に少ないので、どうでもいい動画は見ないように注意しています。

 

無駄を省けば、心の余裕が生まれる

f:id:nurahikaru:20190319175257j:plain

ここで紹介した内容は、あくまで僕の価値観によるものです。

「読書こそ生き甲斐!」という人は、読書を無駄なんて思いませんから。

人によって必要なこと・無駄なことは違います。

重要なのは、普段自分が何となくやっていることに対して「これは本当に必要か?」と疑問を持つことです。「面倒だな」と感じているなら尚更。

『やらなくていいこと』に気が付いてやらないようになるだけで、精神的にも時間的にも余裕が生まれる。

余裕が生まれると、好きなことに時間を使えたり、家族と過ごす時間が増えたり、誰かに優しくできるようになるなど良い事しかありません。気分も明るくなるし、新しいことにチャレンジする意欲もわいてきます。

 

余裕がない人は、思考が停止した状態で何となく物事を続けている場合が多いです。

人の時間は限られています。

無駄なことをしていれば、時間は失われていきます。

焦りや苛立ちが生まれ、やりたかったことが出来なくなります。

今からあなたも、自分の生活に無駄はないか見直してみてください。

自分の時間や精神を圧迫している何気ない日常があるかもしれません。

余裕のない人が一番にやめるべきは仕事だと思うんですけどね。