無課金ニートのくだらん日常

ゲーム、筋トレ、美容、あらゆる物事にお金を掛けず生活するクソニート(31歳)の日常

KUDARAN

好きな人とのデートなのに飽きが来るのは時間が長いから

f:id:nurahikaru:20190406123455p:plain

恋愛とか婚活系の記事はほとんど読まないのですが、こればっかりは納得をしてしまいました。

 

 

なるほどな、と。なぜ今までデート時間に気を配らなかったのか、と。

昔からデートは『時間が許す限り』って感じでした。終電までは当たり前だし、3日間デートし続けたこともあります。

長時間一緒にいると、手を繋いで歩いている最中でも考えちゃうんですよね。「あぁ、家帰ったら〇〇しよう」って。一人の時間が恋しくなってくるんですよ。もう完全に飽きてますよね。どれだけ好きな人でも、一緒にいることに飽きてくる。

飽きちゃうと何やっても楽しくないんすよ。賢者モードみたいになっちゃう。仕方なし、無理にでも楽しそうに振る舞うんだけど女性は見抜いてますよね。デートの後に「大丈夫だった?」「楽しかった?」と心配されることが多いんですよ。

飽きちゃうのは僕が、「1人の時間が好きなヤツだから」と決めつけていたのですが違いますね。デートの時間が長すぎるのが原因だこれ。

 

デートを終えて家に帰って、「楽しかった~」と思うよりも「疲れた~」の方が先に着ますからね。いや、「疲れた」としか思わないです。「またデートしたい」なんて思わない。

考えてみたら僕、『デート』ってあまり好きじゃないんですよ。疲れるし、お金もかかるから。そりゃ、午前中から一緒にいて、12時間以上遊んで、ランチもディナーも自分が会計していたらお金もかかりますよね。散々お金を使って残るものが「疲労感」なんだから、デート嫌いにもなりますわ。

 

そういえば、「またデートしたいな」と思う相手とは、長時間いないことが多い気がします。長くても6時間くらい。正午に会って夕方には解散。軽くカフェでランチする程度だから食事代も掛からない。疲れもない。帰りに立ち寄るすき家で、「また会いたいな~」と牛丼と幸せを噛みしめる。最高じゃないですか。

 

これからはデート時間を短縮していこうと思います。別に時間を目一杯使う必要はない。長時間デートしたところでメリットは何もないですからね。今までメリットの少ない疲れるだけのデートを続けてきました。

紹介した記事は、女性を口説く過程で最初の方はデート時間が短い方が良いよって話をしていますが、普通にカップルでもデート時間は短い方が良いですよね。長く一緒にいることで僕みたいに飽きちゃう人間もいるので。

これからは、「まだ時間があるなら一緒にいようよ」なんて言わないでおこう。